硬派の宿命・野望篇

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Per un pugno di dollari

どれだけ黒澤明監督のオリジナル作品が素晴らしかろうと(そもそも今さら私ごときが「偉大なる世界のクロサワ!」なんて、ここで改めて声高に絶賛する必要もなかろう)劇中での三船敏郎の存在が圧倒的であろうと、私の全人生の中に於ける「用心棒」と名の付く存在は嘘偽りなく永遠に彼が筆頭なのである。



親父が西部劇などのガンアクションや戦争物といった、今思えば「シンプル」なドンパチ映画が大好きだった影響で、子供の頃から晩酌と共にテレビの洋画劇場に付き合わされていた(もっとも親父は異常なほど性急で飽きっぽい性格故に、何時も最後まで鑑賞出来ずにさっさと寝くたれてしまっていたが)。

よって、私が物心ついて初めて目の当たりにした「用心棒」とは、当時無名のイタリア人監督がスペインをロケ地にして日本映画の名作をアメリカの西部劇風に解釈したというケッタイな映画(のちに黒澤はセルジオ・レオーネ監督らを著作権侵害で訴え勝訴し、アジアでの配給権と全世界での興行収益の15%分のアガリを得ることで合意したそうな)であり、そこに登場する長身のテレビ向け米国人俳優の虚無的な佇まい、そしてリアリティのかけらもない大量虐殺シーンと、矢鱈ド派手なガン捌きだった。
これは誰が何と言おうと絶対に曲げられない私の体内に刻まれた確固たる事実であり歴史である。

無論、『血の収穫』なる米国の古い探偵小説の存在を知るのは、もっともっとずっと後の話だ。
(クロサワも結局はレオーネと同じ穴のムジナだった...しかし、個人的には物作りの上でのこういった「循環」はあって然るべきだろうと思っている)

ところで、あとからいろいろ勉強したことによって過去の「自分史」を都合良く、いとも容易に書き換えてしまう人って結構いますよね。この辺のメカニズムについてはまた改めて記したいと思います。

スポンサーサイト

 | HOME | 

■ プロフィール

泰山 / TAIZAN

Author:泰山 / TAIZAN
I'm a man.
I'm just an average guy.

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 最新トラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

■ RSSリンクの表示

■ RSSリンクの表示

■ 検索フォーム

■ RSSリンクの表示

■ ブロとも申請フォーム

■ QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。