硬派の宿命・野望篇

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時間旅行と洒落込むかい

希代の名曲。いわゆるひとつの天才でしたね、この人は。
やはりこの時代の歌謡曲のレベルは今聴いても凄いと思います。単なる懐かしさだけではなく。



この曲を聴くと、小6の時に分不相応にも某有名私立中学を受験すべく、ブクロの西口の物騒なネオン街近辺にある学習塾(隣の建物はトルコ)に通っていた頃の殺伐とした風景を思い出します。
帰りの西武線のアルコール臭の充満した車内で、あちこちで浮浪者が寝転がっている地下街の売店で購入した少年チャンピオンに連載中の『マカロニほうれん荘』を読みながら「俺も来年から花の中学生。毛も生え揃ってきたし、これで半ズボンともお別れだ!」なんて具合に、夢と希望に満ち溢れてましたっけ。

で、私立校を受けるだけ受けて落ちて(大藪風に)地元の公立に進学してみたら、結局煮え湯を飲まされる羽目になるのですが。まあこれも今思えば人生の上では必然だったのかも知れない。しゃあないね。

スポンサーサイト

 | HOME | 

■ プロフィール

泰山 / TAIZAN

Author:泰山 / TAIZAN
I'm a man.
I'm just an average guy.

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 最新トラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

■ RSSリンクの表示

■ RSSリンクの表示

■ 検索フォーム

■ RSSリンクの表示

■ ブロとも申請フォーム

■ QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。