硬派の宿命・野望篇

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夫々の故郷

JBが怒濤のファンク・ナンバーの合間に、不器用だが切々と唄うバラードが好きだ。
それはまるでヒールレスラーが試合中に時折見せる、ファイターとしての真のポテンシャルが発揮されたクリーンファイトのように、「何か」が垣間見えるリアリティ溢れる瞬間であるからだ。

しかもこの映像の頃(79年)のJBは落ち目の時代で、波に乗っていた70年代初頭のステージに於ける同曲の出来よりも、ドサ廻りを経験した故か「味わい深さ」が格段に違う。実に優しく、表現が豊潤になっている。やはり人間、苦労しないと得られないものは確実にあるのだな。たとえ天才でも。

そもそもジョージア育ちのJBによる「Georgia On My Mind」が悪かろうわけがない。想いの深さが違う。人の郷愁というものをナメちゃいかん...と、明確な故郷を持たない男は無責任にも思うのである。



スポンサーサイト

 | HOME | 

■ プロフィール

泰山 / TAIZAN

Author:泰山 / TAIZAN
I'm a man.
I'm just an average guy.

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 最新トラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

■ RSSリンクの表示

■ RSSリンクの表示

■ 検索フォーム

■ RSSリンクの表示

■ ブロとも申請フォーム

■ QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。