硬派の宿命・野望篇

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

硬質なる憐憫

先週末から渋谷の東急で開催されている中古カメラ市が今日で終わるのだが、我が家の居間のテーブルの上には何故かレンジファインダー・ニコンが2台...。

復刻S3がボディ単体とはいえ、こんなに安くなっているとは驚いた。
発表時の熱狂を知っているだけに、ここ数年ですっかりデジタルに駆逐されてしまった銀塩カメラの扱いに悲哀を感じた...だからと言って「消えゆくもの」に対する憐憫の情で購入したわけではないが。

購入した晩に、本機の製造プロジェクトを担当した水戸ニコン工場閉鎖の報を知る。おそらく、これでニコンの往年の名機が再び復刻される機会は二度と失われてしまったであろう。
おかげで、少々センチメンタルな気分になった。この機に遺産を入手しておいてよかったと思う。

しかしボディ2台に対して、Sマウントのレンズが1本しかない。どうしたものか。

L1010394.jpg

スポンサーサイト

 | HOME | 

■ プロフィール

泰山 / TAIZAN

Author:泰山 / TAIZAN
I'm a man.
I'm just an average guy.

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 最新トラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

■ RSSリンクの表示

■ RSSリンクの表示

■ 検索フォーム

■ RSSリンクの表示

■ ブロとも申請フォーム

■ QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。