硬派の宿命・野望篇

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

永遠のつがい

今朝のニュースで真っ先に目が付いたのがマイケル・ジャクソンの死亡記事であったことは、おそらく多くの皆さんも同様だったと思う。

そんな大物が逝去した同日、ひっそりとファラ・フォーセットが亡くなったという。
末期癌の闘病中で、長年連れ添ったライアン・オニールからようやく求婚されたなんて報道を数日前に伝え聞いてはいたが、あっという間に天に召されてしまった。

今の若い人はファラ・フォーセットという名前を聞いてもピンとこないであろうが、我々のような70年代末~80年代初頭に心もアソコも多感な中坊期を過ごした野郎どもにとって、それはそれは特別な存在だった。初代『チャーリーズ・エンジェル』の一人でもあったし、内外の男性総合誌の表紙やグラビアにも頻繁に登場していた。

最初に彼女が闘病中だという報を知り、まず思い浮かんだ顔は、一時期彼女の亭主だった『600万ドルの男』ことリー・メジャースであり、彼が哀しみに堪えながら深紅のジャージを着て空港のカタパルトの上を全力疾走している姿だった(無論スローモーションで)。
何せ私が彼女を初めて知った時の芸名は「ファラ・フォーセット・メジャース」であり、ダンナはあの『600万ドルの男』!という事実が今も頭の中に固定されている。現在の両者の関係はまったくわからないが、最早そこにはライアン・オニールの存在など微塵もないのである。

同様なことが、范文雀さんが亡くなられた時にもあった。
真っ先に頭を過ったのは「今、元亭主の寺尾聰は、この現実に何を思う?」だった。
倍賞美津子さんが癌で闘病していた事実を知った時も、猪木の心境を察するだけで辛い気分になった。それは決してショーケンではなかったのだ。

このように、現在は当人たちにしかわからない複雑な事情があって別離してしまった男女でも、周囲の人間から見れば華やかだった頃の二人のイメージが心の中に焼き付いて離れない。理想的な「永遠のつがい像」とでもいうか。これはタレント業の宿命だろう。
両者の事情はともかく、たとえ憎しみ合う関係になってしまっても、書類上では赤の他人になってしまっても、わずかでも心の中では通じ合っていて欲しい...なんて思ってしまう。

まあ、あくまで他人の甘く勝手な思い込みでしかないのだが。



スポンサーサイト

デザインを変えてみました

閲覧者の方から「文字が小さくて読みづらい」というご指摘がありましたので、当ブログのデザインをチェンジしてみました。

エントリータイトルのバックのデオキシヘモグロビン色は旧角川文庫の大藪カラーにちなんでチョイスしました...「俺の血は俺が拭く」。

正直、既成のテンプレなので100%満足してはおりませんが、折角書いたものを「読みづらい」という理由で敬遠されてしまうのもシャクですから。つまらん事で突っ張っても仕方がない。こういう所は意外と素直なんですよ。
まあ、それ以前に「内容がツマラン」と思われてしまったらその限りではありませんが。相性というものは難しいですね。

近況。
今週前半は体調を崩してなかなか作業が捗りませんでした。
来月までズレ込みそうだな、これは。


<追記>

やはり、デザインがしっくりこない。どうも寝ている時も気になっていたようだ。
おかげで朝起きてすぐに仕事部屋へ直行してPCの前へ行き、黒バックに拘らず既成テンプレをざっと探してみたところ、まあまあというものを発見。再度チェンジしてみました。今度はシンプルな白バック。

こういうの、一度気になると納得するまでトコトンやってしまう。なまじカスタマイズやサイト構築の知識なんてあったら大変なことになりそうだ。
つくづく、何事にも徹底してしまう性格が厭になる。純デザイナーを生業としなくてよかったと心底思う(自分にとっては非常に心と身体の健康に悪い職業だ...経験済み)。

 | HOME | 

■ プロフィール

泰山 / TAIZAN

Author:泰山 / TAIZAN
I'm a man.
I'm just an average guy.

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 最新トラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

■ RSSリンクの表示

■ RSSリンクの表示

■ 検索フォーム

■ RSSリンクの表示

■ ブロとも申請フォーム

■ QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。