硬派の宿命・野望篇

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Zeiss-Opton Biogon 1:2.8 f=35mm T

先日入手したオプトン・ビオゴン35mmを取り敢えずカラーネガで試写してみた。以下の画像はごく普通のDPE店でCDに焼いて貰ったものでリサイズのみの無調整。

FH000018.jpg


FH000004.jpg


FH000014.jpg

同プリのカラーネガであれこれ言うのもどうかとは思うが、一応感じたことを。
評判に違わずきりっとシャープな描写。かといって暗部が潰れてないのがすごい。ここにUPした写真にはないが、空のブルーやこの時期の樹々のグリーンの鮮やかな発色が、なるほど、よく喧伝される所謂「ツァイスらしさ」なのかも知れない。近年の国外OEM物にまで受け継がれている発色と抜けの良さというか、確かに同時代のライカレンズとは印象が違うと感じた。

だが、逆光状態ではかなりしっかりしたフードを取り付けたのだが、盛大にフレアが現れてしまう。F8まで絞り込んでもこうだ(写真2枚目)。よく見ると真っ白い被写体もまるでぼわっと発光している様にうっすらとハロが出ている。果たして本来の性能か、それとも個体差か、はたまた経年劣化故の産物か。

こうしたオールドレンズ故の欠点を無理矢理「味」と言ってしまうのだろうが、個人的にはそんな部分を強引に逆手に取って強調するような使い方はあまり好みではない。
何故ならば、以前出入りしていた建設関係の企業に写真部というのがあって、よく階段の壁に部員の作品を展示していたのだが、大概重役クラスのジイさん連中が高価なハッセルだのライカだのを使って撮影し、こぞって出展している写真がこんな風にフレア出まくりでやたらボケの効果を多用したホワホワなポートレートだったりしたからすごく印象が悪いのである。そういうのって非常にあざとく爺臭せえ前時代的美意識だなあ、と思う。
やはり、良く写るレンズを素直に使うことに越したことはないのだ。私の場合は。

しかし、古今東西いろんなレンズの描写を体感することは、私にとって本業の為の勉強にはなっている(完全に否定はしないが、物質欲を満たしているだけじゃないんです)。
作品のマテリアルとして自身が撮影した写真を使用するという作業工程的な部分のみでなく、単純に目の肥やしになるのだ。実際、写真を本格的に再開したここ10年ほどで、視界に入るものに対する意識ががらりと変わったのは間違いない。
単にだらだらと接するのではなく、明確な目的意識を持ってひとつ事を遂行すれば、自ずと感覚的な知識が徐々に体内に堆積されてくるものなのだと今は強く感じている。

いい写真が撮れると、これに負けてたまるかい、という気分にさせてくれる。ものを作ろうとする精神を鼓舞してくれる。写真とは私の大切な趣味であり、また本業の良きライヴァルでもあるのだ。

近々、ポジを使ってオプトン・ビオゴンの実力をじっくりと測定してみようと思う。

続きを読む »

スポンサーサイト

 | HOME | 

■ プロフィール

泰山 / TAIZAN

Author:泰山 / TAIZAN
I'm a man.
I'm just an average guy.

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 最新トラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

■ RSSリンクの表示

■ RSSリンクの表示

■ 検索フォーム

■ RSSリンクの表示

■ ブロとも申請フォーム

■ QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。