硬派の宿命・野望篇

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Cat Powerの温故知新

普段は滅多に女性ヴォーカルには興味を示さない私だが、ここ数年で新たに知ったアーティストたちの中でも彼女は収穫の筆頭だった。

これはおそらく、現在彼女のバックを務める "Dirty Delta Blues band" のギタリストであるジュダ・バウアー(Blues Explosin)の存在に寄るものが大きいだろう(何せ、そもそも彼が旺盛に課外活動しているという情報で彼女を知ったのだから)。



デビューした90年代のオルタナティヴな先鋭的素養プラス、ティーニー&リロイ・ホッジスという "Hiサウンド" の重鎮たちとの共演を経てトラディショナルなブルースやR&Bを咀嚼していった成果が "Dirty Delta Blues" の面々との邂逅によって「斬新さ」と「伝統」が得も言われぬ形で融合した彼女の真のオリジナリティを確立するに至ったと私は判断している。

彼女がカヴァーしたオーティス・レディングの「I've been loving you too long (to stop now) 」を聴くと、その成果が十分に理解して頂けるだろう。未聴の方は是非。

スポンサーサイト

 | HOME | 

■ プロフィール

泰山 / TAIZAN

Author:泰山 / TAIZAN
I'm a man.
I'm just an average guy.

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 最新トラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

■ RSSリンクの表示

■ RSSリンクの表示

■ 検索フォーム

■ RSSリンクの表示

■ ブロとも申請フォーム

■ QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。