硬派の宿命・野望篇

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

身の丈

「好きこそ物の上手なれ」とは言うが、やはり何をいくらやっても上達しない人間は確実にいる。
ありったけの情熱を傾け、どれだけの修練を重ねても、ここから先はどうにもならないという領域がある。また、こうした己自身の才能の限界を理解することも能力の内だと思う。「知らぬが仏」とはよく言ったものである。

そこで己の持たざる現状に開き直って、端から「努力賞」や「皆勤賞」を狙ってゆく姑息な者もいるが、正直「そこまでしがみつきたいのか?」という侮蔑的な感情しか湧いてこない。器量が無ければ潔く諦めるということも己に対して誠実な勇気ある行動だと思うからだ。

無為に何かをやるということがすべからくプラスになるとは限らない。これは厳しい環境で自身の能力を試した経験があれば誰もが理解出来る力学的な道理である。

己を直視出来る分別があれば、何時までも夢ばかり見てはいられない。
淘汰されてしまう者には、それ相応の理由がある。

スポンサーサイト

 | HOME | 

■ プロフィール

泰山 / TAIZAN

Author:泰山 / TAIZAN
I'm a man.
I'm just an average guy.

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 最新トラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

■ RSSリンクの表示

■ RSSリンクの表示

■ 検索フォーム

■ RSSリンクの表示

■ ブロとも申請フォーム

■ QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。