硬派の宿命・野望篇

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

星屑少女たちの伝説 #1

某マイミクさんのmixi日記を読んで、ちょっと思考を羽ばたかせてみました。

私のお袋は少女時代にアメリカ占領下の「ギブミーチョコレート」的な戦後民主主義の恩恵を諸に受けた世代であり、脱・日本的な欧米文化への憧れは相当強かったのだろうと、今は息子の私でも容易に理解出来る。

そんなお袋は私の少年時代、彼女が過去に夢中になった自分とほぼ同世代のスター、美空ひばり、江利チエミ、雪村いづみ、の「三人娘」について語る時、まず筆頭に雪村いづみの名前を挙げていた。
欧米のジャズ音楽をリアルタイムで咀嚼し、見てくれのスタイルもセンスも良く、それまでの日本の芸能人イメージとは一線を画した華やかなスター性を見に纏った雪村は彼女の羨望の対象だったという。

その次が江利。歌手や女優としての実力では彼女のことを最も評価していたと言えるだろう。しかし洋楽のカヴァー時の発音がいただけない、とも(お袋はミッション系の学校に通ってたから多感な頃より外国人との接触が多く、こと外国語の発音にはうるさかったのだ)。
また、結婚して早々と一線を退いた雪村と違い、晩年はドサ廻りにまで転落した江利に対してはあまりいい印象を持ってなかったようである(その最期の状況も含めて)。

そしてお袋が最も評価していなかったのがあろうことに、ひばりなのだ。
アメリカナイズされたスマート生活に傾倒する当時の少女にとって、様々な音楽ジャンルの垣根などお構いなしに呑み込んで自分のものにしてしまうひばりの強引なアクの強い性質は受け入れることが出来なかったようだ。

彼女にとってひばりは優れたアーティストである以上に、土着的な匂いが身体の隅々にまで染み付いた旧いタイプの芸能人だった。ひばりを見ていると、幼少時に体験した彼女にとっての土着的な「古い日本」を思い出し、そこへ引き戻されるような思いだったのかも知れない...なんて、当時を知らない私は浅はかながら想像してしまう。

<続く>
スポンサーサイト

ちょっと一息 #1

私にとって「これぞギター」だというベーシックになっているThe Smiths時代のジョニー・マーのセミアコの音色。

観念に支配された思想とか精神性とか、ロジックを一旦脳味噌に通してこねくり回したような屁理屈ではなく、ギターの音色一発で肉体的にこちらの生き方をストレートに揺さぶってくれる。ミュージシャンとは本来そんな存在なのではないだろうか。

しかしジョニー・マーがこの時代の活動だけであっさり消えていたようなヤワな男だったら、私は彼にここまで畏敬の念を持たなかったであろう。
現在も次々新たなシーンに身を投じ最前線で旺盛に活動する彼には、ジョン・フルシアンテやノエル・ギャラガーといった一線級の大物たちにも多大な影響を与え続けている。
ロックンロールとはやり続けること、そして継承することさせること也。



取り敢えず近況を

後半戦、始まりました。

twitter : taizan-do

一寸先は闇。だがその先には抜けるような青空が。

L9990323.jpg

作例ではなく、作品でもなく

所謂、試し撮り。すべてM8。

L1001004.jpg


L9990102.jpg


L1000798.jpg

レンズはズミクロンとかビオゴンとか名前の付いた広角系を色々使用。
結論としてこのカメラの精細な描写傾向はかなり好みです。これで暫くはデジタル機材に関してあれこれ考えなくて済む(と思う)。

今、なぜか LEICA M8

この9月、遂に初のフルサイズのライカM型デジタル"M9"が発売となった。
発表当初は予想以上に価格が抑えめで、「よっしゃ、いってみるか」と買う気満々だったのだが、冷静に考えてみてやはり高価(70万円)。

しかもネット等の情報で早期購入された方々から思わぬ欠点(広角レンズ使用時のオッドシフトと指摘されているもの)の報告が相次ぎ、悪名高きM8に引き続きまたしてもか...という思いに購入意欲がどんどん失せていった。

だがM型デジタルが欲しい、という気持ちは抑えられない。

これまで所有するLMマウントレンズ群をデジタルで使う為にR-D1sを使用していたのだが、やはりフィルム時代のM型に馴れた身体には少々使い勝手が悪かったというか、やはりあくまでR-D1シリーズは良くも悪くも「他社製Mマウントカメラ」であって決してM型ではなかった。携帯性や手に持った時のフォルム、剛性感という使用する上での感触は道具として重要だと思う(俗っぽいブランド指向的「高級感」や「充足感」ではなく)。ここは譲れない。

で、市場を眺めると、旧型となったM8/8.2が、M9の登場で値崩れしている。中古ならば尚のことである。
そこで考えた。「決定版」かと目していたM9もどうせ完璧でないのなら、いっそのこと対象をマイナス要素ばかりのM8に振り切ってしまってはどうだろうか、と。今なら値段も安いし。

ローパスレスによる高解像度の犠牲として撮像が赤外被りするのを補正する為に装着するUV/IRフィルター使用時の副作用としての周辺のシアンドリフト(35mm以下の広角の場合)、及びそれをデジタル補正する為のレンズマウントへの6bitコード加工の必要性。
こうしたメンドウな「作法」がこれまでM8購入を見合わせたマイナス要因であった(センサーサイズによる画角の変化はAPS-Cに馴れた今はあまり気にならない)。

だが、逆に考えればこれらをすべてクリアすれば問題なく高品質な画像を得ることが出来る。それこそM8発売から3年を経た現在では、先達ユーザーの方々がこれまで悪戦苦闘して身に付けた対策がネット上に散在している。その3年分のノウハウが今ではいっぺんに習得出来るというわけだ。

おそらく当時のユーザーの多くはM8を手放して順当に最新のM9を購入されているのではないだろうか。それがデジカメという家電製品の宿命でもある。

そんな流れで中古市場に放流されたM8が、我が家に1台漂着した。

L1020173.jpg

ほっと一息 #4

私が俗に"ハードロック"とカテゴライズされる音楽群の中で許容出来る唯一のバンドが Led Zeppelinである。

彼らが以降の滑稽なほど様式化されるHR, HMと違う点は、ステージに於けるその即興性だ(主にジミー・ペイジ)。
彼らのパフォーマンスはクラシック音楽のように決してレコードに刻まれた自らの過去の情報を再現することを最大の目的としてはいなかった。そこには毎回確実に"trial and error"の意志と躍動感が息づいていた、と思う(全部観たわけじゃないから何所ぞのエセ評論家のように断言は出来ない)。

そして根底に貫かれた、ブルーズからの伝統性。何事も基本が肝心。

ヘアースタイルや派手なファッションといった見てくれや装飾的なサウンド傾向のみを真似たフォロワーたちとは十把一からげにして頂きたくないものだ。



しかし最近のリユニオンについてはまったく興味ありません。

ほっと一息 #3

たまにはプロレス動画を。今でも大好きな一戦。

97年8月10日のナゴヤドームでのグレート・ムタ vs 小川直也。
この試合目当てに、わざわざ新幹線に乗って観に行きました。



ちなみに、この日のメインだった橋本vs天山のIWGP戦は観ずに会場を後にしました。帰路はエライ土砂降りだったなあ。

ほっと一息 #2

外は雨。こんな夜は古いR&Bでも。



ほっと一息 #1

久し振りに聴きたくなった "Taxi Driverのテーマ (Reprise)" 。
本編テーマの重厚さも無論好きだが、こちらのいかにも70年代アメリカ映画的軽妙さにもまた違った味わいがある。



劇中でデ・ニーロが着用しているのと同じタイプのUSタンカース・ジャケット(復刻物・ワッペン無し)を10年ほど前に購入して今も所有しているが、これは気を付けてコーディネートしないと只の野暮ったいおっさんジャンパーになってしまうので要注意だ。

11月の声を聞いて

これから寒波と共に押し寄せてきた次の仕事へと突入します。

本日、病院にて臓器のエコー&血液検査を受けました。
晩夏以降の体調不良が心配になっての措置でしたが、先日ウレタン製のちょっと高価な新しい枕を購入しここ数日使用してみたら驚くほど快調に。
どうやら睡眠時の枕による頸椎のホールド具合が体調に大きく影響してたみたいです。おかげで現時点では「検査受ける必要なかったんじゃねえの?」なんて調子のいいことを思ってたり。皆さんももし体調不良を感じたらまず枕を新調されることをお勧めします。

先日の「あおぞらDEアート」に出展した作品をロフトワークにUPしました。ちょっと小さくて見辛いかも知れませんが、一応ご報告ということで。
以下のリンクからどうぞ。

獅子奮迅之図(プロレス48手)

またしてもこちらの更新頻度が落ちるかも知れませんが、twitterの方ではぼろぼろさえずってます。

 | HOME |  »

■ プロフィール

Author:泰山 / TAIZAN
I'm a man.
I'm just an average guy.

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 最新トラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

■ RSSリンクの表示

■ RSSリンクの表示

■ 検索フォーム

■ RSSリンクの表示

■ ブロとも申請フォーム

■ QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。