硬派の宿命・野望篇

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

泰山堂金言集

今年4月から開始した当ブログですが、タイトル直下に短い文章を載せているのを皆さんはご存知でしたか?

当初は私がその時期に感銘を受けた文章を月替わりで引用しようと目論んでいたのですが、途中あまりにも物事を摂取する余裕がなかったもので(逆に体外に排出する作業の連続だった故)一月分足りませんが、年の瀬ということで本年度分をまとめて再掲載しておきます。

-----

4月:勇気は技術だ。自己のテクニックに対する自信だ。(『汚れた英雄 雌伏篇』より)

5月:あきらめな、とうてえおめえの相手に出来る男じゃないぜ.....フナは小川、沼にゃナマズってな、住むところは決まってるもんだ.....(『カムイ外伝』より)

6月:世の中に重要なことなんかほとんどない。たいていはどうでもいいことだ。しかし、これは重要なことだ。数少ない重要なことだ。何が起ころうとやらなきゃならない。(『蟹喰い猿フーガ』より)

7月:おれは子供のころからずうっとそうだったよ。何かがうまくいきそうになると、ふいにその悪戯ごころが頭を持ちあげてきて、すべてを台なしにしてしまうんだよ。(『群狼の島』より)

8月:歯車はきりきりと音をたてて廻り始め,加速度に乗って轟々と回転した。それを止めるには死の威嚇も非力である。(『野獣死すべし』より)

9月:関谷潜一は正晴に訊いた、これは何なのだね? と。正晴が答えた。べつの箱舟だよ、ひとり乗りの! みんな同じ方向に行くんじゃつまらないよ、おじいちゃん! (『猛き箱舟』より)

10月:蘭丸.....われらは遠くから来た。そして遠くまで行くのだ.....わかるか.....(『忍者武芸帳 <影丸伝>』より)

12月:ああ、あったかいねえ。みんながこの手にすがっていった。なのにぬしはいつも独りっきりだった。可哀相に。今度はあたしが見送ってあげる。 息が切れても見送ってあげる。見送らせておくれ、ぬしの船を...。(『黄金の日日』より)

-----

私は字引に載るような聖人君子の、天から降ってくるような名言や格言などには関心がありません。それよりも、地べたからもの申す物たちの(それがフィクションであろうとなかろうと)血や涙や埃にまみれた生身の言葉の方が余程心に響きます。
そんな私が今流行の市井の「玉石混合つぶやき場」に関心を持つのも、至極当然の流れなのかも知れない...。

来年度はもっとレンジを広げて様々な分野から引用出来ればと思ってます。

スポンサーサイト

 | HOME | 

■ プロフィール

泰山 / TAIZAN

Author:泰山 / TAIZAN
I'm a man.
I'm just an average guy.

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 最新トラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

■ RSSリンクの表示

■ RSSリンクの表示

■ 検索フォーム

■ RSSリンクの表示

■ ブロとも申請フォーム

■ QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。