硬派の宿命・野望篇

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伯父さんのPEN S

3年前の初夏。
その年の春に亡くなった父方の祖母の法要の件で親族が集まった際に母が携えて来たものがあった。それは使い古されてぼろぼろになったレザーケースに入った小さなカメラだった。

RIMG0027.jpg

OLYMPUS-PEN S

1959年に発売され60年代を通してベストセラーとなったオリンパスのハーフサイズカメラ「ペン」シリーズの第二弾が本モデルである。
当時としても廉価なカメラではあったが、手に取ってみるとズシリと重く、精密機械が凝縮されている様子が判る。外装のクローム鍍金も強固で美しい。当時の日本の工業製品の作り込みは凄いの一言。
一見新古品と言われても差し支えがない状態。だが...

「伯父さんがね、これ壊れちゃったって。シャッターが押せないみたい。それであなたなら直せるんじゃないかって。一応渡しとくわ。」

そのカメラは母の長兄の所有物だった。若い頃から車や機械などのガジェットに拘る洒落者の伯父らしいカメラ選びだなと思った。ひょっとしたら幼少期の頃の私もこのカメラの被写体になっていたかも知れない。

仙台に住む伯父は数年前から体調が悪く、自宅で療養していた。それで妹たち(母と末妹)が頻繁に仙台へ赴いていたのだが、ある日伯父から突然このカメラを渡されたそうだ。「あいつなら直せるんじゃないか?」と。

しかし残念ながら、私は機械式カメラを修理するスキルなど持っていない。
そこで丁度、渋谷のデパートで開催された中古カメラ市で入手したライカのレンズを修理業者にオーバーホール依頼していたので、受け取りの際に件のシャッターが押せなくなったPEN Sを持参して行った。

小石川にあるマンションの応接間で、預けていたレンズを受け取った後に修理業者の方にPEN Sの修理をお願いしてみた。

「基本的に国産品の修理はお受けしてないんです。それはメーカーさんがやるべき事なので。ちょっと見せて下さい...」

PEN Sを渡す。業者さんは馴れた手つきでカメラを点検し始めた。

「これ、どこも壊れてはいませんよ。レンズシャッターの羽根が張り付いて動かなくなってるだけです。よくあることですよ。」

そうですか、と私は予想しなかった返答に少し驚きながらも、何故このカメラが自分の手に渡ってきたのかという経緯をついでに話してみた。
すると突然、奥の作業部屋からオーナーと思わしき年配の男性が顔を出して私にこう言った。

「じゃあ今回はシャッターの清掃だけしときましょう。分解すると大変だから。お時間ありますか?」

私は頷いた。すると綺麗に整頓された作業部屋に通されて、オーナー氏自らが机に向かい洗浄液を付けた筆でシャッター羽根を1枚1枚丁寧に清掃している過程を背後から観察する。どんな業種であろうと本物のプロの手捌きは芸術的な美しさが感じられるものだ。

清掃の終わったPEN Sの作動確認をする。パチンパチンとシャッターが切れるようになった。レンズから見える羽根が子気味良く動いているのが分かる。その後さらに劣化したモルトの交換までして貰った。

この分の修理料金を尋ねてみると、無料でいいとのこと。恐縮する私。
そして帰り際にオーナー氏からこう言われた。

「おじさんのカメラ、大事に使って下さい!」

-----

先日、伯父が亡くなった。
フィルムを詰めたPEN Sで通夜と葬儀を撮影した。それが自分とこのカメラにに課せられた義務のような気がしたからだ。ハーフサイズだからさして枚数を気にせず矢継ぎ早にシャッターが押せた。

通夜が終わった直後、教会の通路で伯母にPEN Sが今も現役で使えることを報告した。

「あら、本当? 伯父さん、いろんなカメラ屋さんに聞いてみたけど直せないって言われて諦めてたのよ。きっと喜んでるわ。これからも使ってあげてね。」

スポンサーサイト

さてさて、

お近くにタワーレコードがない地域の皆様、オンライン購入不可な環境の皆様、お待たせしました。

ircle 『μ(ミュー)』、いよいよ明日20日より全国発売です。

10_ircle_myu.jpg

2010/01/20 on sale!!
KACR-1009 / 1,800円(tax in)
K&A CO.,LTD / GOD OF ARTS INC. / PONYCANYON MUSIC INC.

1.Obstruction
2.P.S.
3.Later Letter
4.永遠の瞬間
5.フラット
6.lightning
7.本当の事 

HP:http://ircle.jp/
MySpace: http://www.myspace.com/irclejp
audioleaf :http://www.audioleaf.com/ircle/

sunrise, sunset

L1020263.jpg


L1020248.jpg


L1020246.jpg


L1020267.jpg

ircle「P.S.」

待望のircleのミニアルバム『μ(ミュー)』がいよいよ1月20日に全国発売(タワレコでは13日先行発売)されますが、ジャケットに引き続き同アルバム収録曲「P.S.」のミュージック・クリップの作画を担当しました。

ディレクションはPV界の鬼才・小嶋貴之氏が担当されています。

P.S.

ircle | MySpaceミュージックビデオ


<追記>
メンバーのコメントをaudioleafのブログから転載します。

(中略) これは、全てアニメーションのPVです、監督は小嶋さんという素晴らしい方が、挿絵は泰山さんが、身内話ですが、このペアでのPVは初めてのはずです、きっと僕ら以外の様々な暖かい心や、戦う心が、葛藤が、このPVには詰まっています、出演はしてませんが俺は、このPVの中で出てくる女の子(名前はミウ)と、色んな人達、皆一緒に戦ってると思っています。
個人として泰山さんの事も尊敬しております。

この先、当たり前ですが、暑苦しいと言われる程、次々に湧き出る膿や、次々に消えていく時間や、突っ込んでくるつまんねー大人の言葉たち、それと其其の思想をもったあなた方と、真正面から戦っていかなければいけないと思っております。


ircle
HP:http://ircle.jp/
MySpace: http://www.myspace.com/irclejp
audioleaf :http://www.audioleaf.com/ircle/

Through The Past, Darkly

昨秋から続いていた作業がようやく終わりました。
成果は後日改めて報告させて頂きます。

で、お役御免ということで、昨日は一週間遅れで仕事部屋の大掃除。
ここ10年ほど溜まりに溜まっていたものも一斉に片付けている最中。

自分にとって、やっと年が明けるなあという状態になってきました。

IMG_0065.jpg
iPhone 3GS

何とも安っぽい殺伐

「笹原さんがね、 刺しに行けっていうんで、ちゃんとしっかり刺してきたから笹原圭一2010(笑)」

たとえ観客有りきのプロ興行とはいえ、そこは真剣勝負なのだから(ましてや団体の名前を背負った対抗戦だ)殺るか殺られるかは当然の話。怪我をするのもさせるのもお互い覚悟の上だろうし、少々行き過ぎたナマの感情がほとばしるのも仕方あるまい。

しかし、上記の青木の発言を知ってガッカリした。

ヤクザ映画のチンピラじゃあるまいし。
鉄砲玉なんて所詮、死ぬまで鉄砲玉のまま。そんな意識の低い男には残念ながら夢は託せないな。

迎春

新年明けましておめでとうございます。

旧年中、様々な形で関わることの出来た皆様には大変感謝しております。
本年もより一層気合いを入れ、仕事に芸道に邁進してゆく所存です。
今後ともお引き立ての程、宜しくお願い致します。

2010年 元日

泰山堂

 | HOME | 

■ プロフィール

泰山 / TAIZAN

Author:泰山 / TAIZAN
I'm a man.
I'm just an average guy.

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 最新トラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

■ RSSリンクの表示

■ RSSリンクの表示

■ 検索フォーム

■ RSSリンクの表示

■ ブロとも申請フォーム

■ QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。