硬派の宿命・野望篇

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

追悼... デニス・ホッパー

10代の頃、初めて『イージー・ライダー』を観る前はその前評判に期待いっぱいだったのだが、観賞後は正直、周囲の人間たちが大騒ぎしているほどの感銘は受けなかった。その気持ちは今現在も変わっていない。

何よりデニス・ホッパーと言えば、私の場合は断然『地獄の黙示録』での戦場カメラマン役が強烈に印象に残っている。ブラックのニコンFをはじめ、「こんなに必要あるのか?」というほど大量のカメラを首からブラ下げているその異様な姿は、まさに戦場に於ける人間たちの狂気を象徴していたように思う。

まだ駆け出しだった50年代にジミー・ディーンと共演していたのは有名な話。いかなる時代に於いても常に危険な匂いを発散続けた男の、その長く波瀾万丈な人生がここに幕を閉じた。

R.I.P.

L1020352.jpg

我が家のカメラ総動員で、僭越ながら『地獄の黙示録』の真似してみました。

スポンサーサイト

 | HOME | 

■ プロフィール

泰山 / TAIZAN

Author:泰山 / TAIZAN
I'm a man.
I'm just an average guy.

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 最新トラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

■ RSSリンクの表示

■ RSSリンクの表示

■ 検索フォーム

■ RSSリンクの表示

■ ブロとも申請フォーム

■ QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。