硬派の宿命・野望篇

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

A-2

先日、「Whitehouse Cox」のレザー製眼鏡ケースを購入して、その上質な革の手触りにニンマリしてたのだが、何故かそれに飽き足らず「もっと皮革製品が欲しい!」という気運がムクムクと高まってきた。

ちょっと前にtwitterで「近頃は身体が鈍ったのか、重くて動き辛い革製の衣料が着られなくなった」なんてつぶやいていたのだが、このところ以前よりも日々の運動量が増えて肉体が細胞レベルでアクティヴになったからか、猛烈に「革ジャン」が欲しくなった。それも出来るだけ「着応え」のあるヤツ。

そうなると、ロック臭の強いライダースは青臭くてNG。やはりおっさんだったらフライト系だ。

以前、クリーム時代のクラプトンがおそらく軍の払い下げのボア付きのG-1を着てES-335を弾いている写真を見て「格好いい!」と思ったことがあったので、当初はG-1の古着をネットオークションで探し廻っていた(あと、ショーケンも『傷だらけの天使』で同タイプの革ジャンを格好良く着こなしていたっけ)。

ところがあまりいい出物がない。
その点、人気が高くポピュラーなA-2の方が出品数が多く選り取りみどり。

実は10年ほど前に国産レプリカ物のA-2を所有していたことがある。
その時はサイズ選択の失敗などの事前の調査不足で満足いく物が入手出来なかった為、すぐに手放してしまった。元々夏期用のフライトジャケットであるA-2は冬の寒さに耐えるだけの防寒性が備わっていない(裏地がペラペラのコットン一枚)上に、アクションプリーツ等もなく、新品の馬革は非常に堅牢過ぎる故に着心地が悪く(まるで拘束着のよう)とても日常での着用がツラかったのだ(あと、あまりに男性的な衣料なので、当時の私としてはコーディネートの難しさもあった)。
しかし、実際に一度は自分のものにすることで、A-2という皮革衣料の魅力とその価値は十分に理解することが出来た。

そこで今回のハンティングだが、ターゲットをG-1からA-2に変更。以前所有していたT社のBというブランドの別モデル(色と細かなデザインが若干違う)に目を付ける。それなら試着しなくても大凡のサイズは想像出来る。前回の反省を踏まえてワンサイズ大きめを選ぼう。

段々と的を絞って様々な条件を満たす一着に辿り着く。少し着古した中古品が、新品市場価格の半値以下。ちなみに競り合った者は皆無で(この辺に昨今のフラジャ人気の無さが垣間見える...)やすやすと落札することが出来たた。

古着屋さんの出品だったのでとても状態も良く、適度に着古されて革も柔らかく馴染んでいる。やはりレザージャケットは新品状態よりもヤレた方が断然格好良い。そして今の自分なら以前よりも上手に着こなせるような気がするのだ。

DSC01047.jpg


着用するとこんな感じ。
一見、競馬場ライクなおっさんジャンパー。しかし、そこには男のロマンが詰まっている...(共感不要)。

DSC01046.jpg

スポンサーサイト

 | HOME | 

■ プロフィール

泰山 / TAIZAN

Author:泰山 / TAIZAN
I'm a man.
I'm just an average guy.

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 最新トラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

■ RSSリンクの表示

■ RSSリンクの表示

■ 検索フォーム

■ RSSリンクの表示

■ ブロとも申請フォーム

■ QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。