硬派の宿命・野望篇

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テーゼ

文句無しに格好良い。1月に渋谷で観たステージを思い出す。

ジュダの粗っぽいカッティングを聴いているとVelvetっぽい要素まで感じてしまう。60年代から脈々と続くNYアングラ的フリーな手触りとでもいうか。何よりメンバー同士が顔を見合わせ「音」で会話し合っているところがいい。本来、バンドとはこういうものではなかろうか。




事前に取り決めた約束事だけを本番で反復しソツなくこなすよりも、その時のインスピレーションやアドリブでもって手探りで空間を創り出して行くアプローチの方がやる側も見る側も刺激的だし、何より当人たちの技量や潜在能力がリアルに測定される厳格な瞬間でもある。

もしそれが出来ないのならば、ステージやリングに上がることなど辞めてしまえ。

スポンサーサイト

 | HOME | 

■ プロフィール

泰山 / TAIZAN

Author:泰山 / TAIZAN
I'm a man.
I'm just an average guy.

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 最新トラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

■ RSSリンクの表示

■ RSSリンクの表示

■ 検索フォーム

■ RSSリンクの表示

■ ブロとも申請フォーム

■ QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。