硬派の宿命・野望篇

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Blue Island

台風一過の晴天に恵まれたので5年振りに青島へ。

R0011458.jpg


L9994479.jpg


R0011463.jpg


L9994488.jpg


L9994495.jpg


L9994497.jpg


青島神宮内の奥に在る「元宮」周辺に鬱蒼と茂っている熱帯植物の森。
馴染みのある朱色の社殿にエキゾチックな南洋の樹木というマッチングが面白い。これは遥か昔、黒潮に乗った神様が遠く南海からやって来たという証であろうか。

L9994501.jpg


L9994504.jpg


L9994502.jpg


観光地のお約束。こういう俗っぽさって、個人的には大好きだ。

L9994515.jpg

今回は作業の合間に駆け足での下見。娘にとっては生まれて初めて間近で見る海、受ける潮風だった。
梅雨が明けたら改めてじっくりロケハンしてみたい。

スポンサーサイト

a progress report

次の仕事に取り掛かるまでに少々スパンがあるので(目下、ディレクション段階の為)合間に自作品の制作を進める。久々の風景画。

途中経過、こんな塩梅です。

2011_5_26.jpg

新聞・テレビには載らない話 #2(不撓不屈の精神とは)

参議院行政監視委員会(2011年5月23日)における小出裕章氏(京都大学原子炉実験所助教)の発言集。素人が安易に感情論で「反・脱原発」を声高に叫んでいるのとは訳が違う、その道のプロフェッショナルによる研究と理論に裏付けされた勇気ある告発。

小出裕章参考人の全身全霊をかけた凄まじい原発批判…引き出しが多くわかりやすすぎる!文字おこし・参議院行政監視委員会

「最後になりますが、ガンジーが7つの社会的罪ということを言っていて、彼のお墓にこれが碑文で残っている、のだそうです。1番始めは『理念なき政治』です。この場にお集まりの方々は政治に携わっている方ですので、えー、十分にこの言葉をかみしめて頂きたいとおもいます。そのほかたくさん、『労働なき富』、『良心なき快楽』、『人格なき知識』。『道徳なき商業』、これは多分、東京電力始めとする電力会社に私は当てはまると思います。そして『人間性なき科学』と。これは私も含めたアカデミズムの世界がこれまで原子力に丸ごと加担してきたと、いうことを私はこれで問いたいと思います。最後は献身なき崇拝。宗教お持ちの方はこの言葉もかみしめて頂きたいと思います。」(リンク先より引用)

この発言がなされた、小出裕章氏、後藤政志氏、石橋克彦氏、孫正義氏が参考人で出席した参議院行政監視委員会の模様を記録した動画。当日、ネット配信のみでテレビ放送されなかったのでご存知ない方も大勢いらっしゃると思い、拙ブログに掲載させて頂いた次第。





新聞・テレビには載らない話(或る「硬派」志願者について)

今回の震災と直後の二次災害を受けて直接被災した・しないに関わらず、その後の生き方が必然的に変化することになってしまった人々は、居住している地域や年齢・性別・立場など関係なく、それこそ枚挙に暇がないであろう。
ここにもそんな男が一人。

・山本太郎、福島の親たちとともに文科省前で抗議活動!「何も行動しなければ、僕は自分を許せない」(Exsiteニュース)

・【オペレーションコドモタチ賛同者メッセージ】 山本太郎 02(YouTube)

・メロリンQ(高校生時代の山本)スペシャル(YouTube)

・山本太郎俳優(twitter)

-----

「硬派は非政治的発想の持主であるにもかかわらず、なぜ左右激突の現場に登場することができるのか。状況が硬派の跳梁なしでは打開できないからである。したがって、硬派の動きはまさに状況そのものといっていい。その結果、硬派は意識しようとすまいときわめてラディカルな政治的行動をしてしまうのだ。」(『硬派と宿命』序章「硬派とは何か」)

-----

私は彼を、豊浦志朗の「硬派の定義」に則って「前段階硬派」と見るが、如何だろうか。
賛否はさて置き、彼の今後の行動を注視して行きたい。

Hard Rain

一泊で福岡へ。
宮崎に来てからは初めての県外遠征。高速バスを利用して片道4時間掛けて九州を南北に縦断する。

ツアー中のircleのメンバーと合流して雨の天神を歩く。
その後、彼らのレコーディング現場へお邪魔する。その間に暫し打ち合わせ。これが今回の訪福のメインの用件。

帰りは独りで中洲の屋台で一杯、と考えていたのだが、生憎この日は腹の調子が悪くてコンビニでビールを買ってホテルで晩酌。

翌日は雨が上がっていたので、ホテルをチェックアウトしたその足で西新に在る寺へ先祖の墓参り。
4年前に親父と五島へ行った帰りに立ち寄ったことがあったので、迷わず墓石を発見。五島からこちらに渡って来た曾祖父さんと、所沢の霊園から小分けされた爺さんの骨に、娘の誕生と現在訳あって九州に滞在している旨を報告する。

手を合わせ寺を後にしようとした途端、再び激しい雨が降ってきた。以降、夜半に宮崎に到着するまでずっと雨に降られ続けたとんだ一日だった。お陰で予定していたロケハンを敢行出来なかったことが誠に残念。

そこで一句。

なん時か リベンジするぜ 祖先の地

お粗末様でした。

IMG_0884.jpg

cloudy sky

作業が一段落。
先日、長らくの禁酒を解禁したので、昨夜は数ヶ月振りに芋焼酎で晩酌。思えば焼酎を飲むのは、娘が生まれた直後に家族と近所の蕎麦屋で祝った時以来だ。

今朝は昨夜までの雨も上がり、柔らかな陽光が降り注ぐ。
それでもブ厚い雲に覆われた曇天は相変わらずで、青空はいまだ見えず。

週明けには次の作業が待っている。
達成感に浸っている場合ではない。

R0011295.jpg

リンク集について

拙ブログをご覧の方はお気付きかも知れませんが、ちょっと前よりリンク集をサイドバーより外しました。

明確な理由としまして、今回の震災の後にtwitter等で、それまで抑えられていた様々な方々の様々な思いや矜持が一気に外側へ表出することになり、各人の考え方や生き方の違いをまざまざと見せ付けられた結果となりました。

私個人としましては「自分は自分、他人(ひと)は他人」という思いを貫いていますので、他者が如何に自分と異なった思考を持とうと一向に構わないと考えています(というか、そもそも同じ訳がないという諦念が根底にあって当然だと思ってます)。
しかし、それが我慢ならないと思われる方がいらっしゃること、そしてその結果、これまでの関係が壊れてしまった方がいらっしゃることもまた事実です。

それでも私は、誰かのリンクは外して誰かのものは残す、等という行為は到底出来ません。
ということで、奇麗さっぱり、すべてのリンクを外させて頂きました。関係各位の方々、ご報告が遅れて申し訳ありません。

尚、これまで繋がっていた皆さんのブログは以前と変わらず拝見させて頂いてます。
たとえリンクが外れても、その程度のことで壊れる脆弱な人間関係などいらない。これが私の本心です。

 | HOME | 

■ プロフィール

Author:泰山 / TAIZAN
I'm a man.
I'm just an average guy.

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 最新トラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

■ RSSリンクの表示

■ RSSリンクの表示

■ 検索フォーム

■ RSSリンクの表示

■ ブロとも申請フォーム

■ QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。