硬派の宿命・野望篇

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iPhoneをライトボックスに

こちらへは所有しているデジカメをすべて持って来ているのだが、3月下旬に一度帰京した際にポジフィルムを入れたままだった某ドイツ製メーカーのフィルムカメラの存在に気付き、衣服等と共に持ち帰った。

今や仕事用や日常でも殆どデジタルなのだが、たまにシーンをデジタルデータではなく「物質」として残したい時に今でもポジで撮影している。リバーサルフィルムをライトボックスで透過させルーペで拡大して鑑賞した時の鮮やかな発色と立体感は、デジタル画像をモニター越しに見ることではでは決して得られない美しさだ。

しかし現在の仕事環境にはライトボックスなどないので「現像したポジをどうやって見ようか?」と思っていたのだが、iPhoneのアプリでこんなものを発見。

LightViewer

要はiPhoneの液晶の発光を利用してライトボックス代わりにポジを透過させて鑑賞するというもの。実はこれをダウンロードする前は同じ原理の「懐中電灯アプリ」で代用していたのだが、こちらの方が有料だけあって光量の無段階調節やスイッチON時に蛍光灯が発光する際のアナログな演出などの付加価値が有る(別に無くても困らないが)。ちなみにこのアプリをiPadの画面で拡大して使用すればマウントしていないスリーブ状態でも鑑賞出来る。

さらに透過させた像をデジカメで複写してデジタルデータ化してみる。フィルムスキャナーがなくてもブログ用の小さな画像ならばこれで充分だろう。
デジ一等も試してみたが、GRDでマクロ撮影するのが効果的に面白かった。28mmの画角なので周辺が流れて、図らずもクラシックカメラやトイカメラのようにちょっとチープで独特な写りになる(ちゃんとした画像が必要ならば素直に普通のデジカメを使えばいいのだ)。

DSC_0029.jpg


R0011599.jpg


R0011598.jpg


R0011600.jpg

今後の問題として、市内の写真屋をいくつか回ったのだが、何処にもポジフィルムを置いていないという事実が発覚。次回帰京時に新宿でまとめ買いしなくては...。

スポンサーサイト

 | HOME | 

■ プロフィール

泰山 / TAIZAN

Author:泰山 / TAIZAN
I'm a man.
I'm just an average guy.

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 最新トラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

■ RSSリンクの表示

■ RSSリンクの表示

■ 検索フォーム

■ RSSリンクの表示

■ ブロとも申請フォーム

■ QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。