硬派の宿命・野望篇

  • 07 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

必死という言葉

近年はよく他者を「必死になってる」と言って揶揄する場面を耳に(目に)するが、人が必死さを見せる姿の一体どこがおかしいのであろうか。

高度経済成長時代を支えた私の父親たちの世代はウンザリするほど年がら年中必死さをアピールしていた。外でも家庭の中ですらも。
そんな姿を見て育った子供たちが「もう時代が違うよ」とシラケてしまうのは実にシンプルで分かり易い話だが、そもそも人間の精神の在り方に古いも新しいもないだろう。

80年代以降の、こうした斜に構えた視線や態度が、現在のこの国の衰退を招いたとしか私には思えない。

自分も20代の頃は生意気盛りで散々大人に対して斜に構えていたが、もうそんな態度には飽き飽きしたし、そういう姿勢自体がこれから落ち込んでゆくこの国を生き抜いていく上でマッチしない時代遅れの思考なのだと思っている。

まだまだ発展途上で伸びしろがある人間は大いにあがいて必死さを外に訴えるべきだ。持たざる者が先手打って守りに入ってどうすると言いたい。

■ トラックバック

http://hookert.blog57.fc2.com/tb.php/114-b74824d3

 | HOME | 

■ プロフィール

泰山 / TAIZAN

Author:泰山 / TAIZAN
I'm a man.
I'm just an average guy.

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 最新トラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

■ RSSリンクの表示

■ RSSリンクの表示

■ 検索フォーム

■ RSSリンクの表示

■ ブロとも申請フォーム

■ QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。