硬派の宿命・野望篇

  • 11 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カメラは薬だ

一夜明けて、ほぼ復調しました。
やはり睡眠と、美味くて栄養のある食事をしっかり摂っていれば病気や怪我はみるみる治癒していくものなのだなと、こういう時ほど実感しますね。

あと大事なのは、能動的な想像力というか、体調が悪い時間をやり過ごす際、如何にポジティヴに物事を考えていくかということも重要だと思います。
こんな時に政治や仕事や将来の不安といった日頃のネガティブな事象を考えたらあきまへん。ひたすら精神と肉体の回復に集中し、一切を放棄するのが吉。

で、私がここ数日、熱で朦朧としながら考えていたのがカメラの買い足し。
結果として、これが一番の「薬」となりました。

このところ魅力的な商品が相次いで発表されているデジカメ市場ですけれど、最もインパクトがあったのは何と言ってもライカM9でしょう。
leica_m9

本機は、遂にM型ライカにフルサイズの撮像素子を搭載したというのが最大のアドバンテージですが、そのスペックを踏まえた発表前の予想よりも大幅に下回った価格設定に正直気持ちがグラついてます。とにかくUV/IR関連の問題をクリアしたというだけで、その一点でM8/M8.2の購入を見送った私にとっては十分な動機になっている状況。これで愛用しているレンズの性能も十分に引き出せる(あまり専門的な講釈はこの辺で止めておきます)。

思えばこれまでデジカメの購入に関しては妥協の連続でした。実際、ここまで私を奮い立たせるものは初めてかも知れない。

同時に発表された廉価モデルのX1もまた魅力的な仕様。
デジ一中級機と併せて気軽に使ってみたいと思わせる、古き良き時代の距離系の付いてないタイプの「バルナックライカ」を彷彿とさせるデザイン。でもこれがあったら完全に銀塩ライカを使わなくなってしまいそうだ...。

なんてことを熱にうなされながら考えていたら、全身の細胞が活性化されたのか、すっかり風邪が治ってしまいました。
あとは夢の実現に向けて邁進するのみ。

■ トラックバック

http://hookert.blog57.fc2.com/tb.php/122-c6780d5d

 | HOME | 

■ プロフィール

Author:泰山 / TAIZAN
I'm a man.
I'm just an average guy.

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 最新トラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

■ RSSリンクの表示

■ RSSリンクの表示

■ 検索フォーム

■ RSSリンクの表示

■ ブロとも申請フォーム

■ QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。