硬派の宿命・野望篇

  • 05 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ほっと一息 #4

私が俗に"ハードロック"とカテゴライズされる音楽群の中で許容出来る唯一のバンドが Led Zeppelinである。

彼らが以降の滑稽なほど様式化されるHR, HMと違う点は、ステージに於けるその即興性だ(主にジミー・ペイジ)。
彼らのパフォーマンスはクラシック音楽のように決してレコードに刻まれた自らの過去の情報を再現することを最大の目的としてはいなかった。そこには毎回確実に"trial and error"の意志と躍動感が息づいていた、と思う(全部観たわけじゃないから何所ぞのエセ評論家のように断言は出来ない)。

そして根底に貫かれた、ブルーズからの伝統性。何事も基本が肝心。

ヘアースタイルや派手なファッションといった見てくれや装飾的なサウンド傾向のみを真似たフォロワーたちとは十把一からげにして頂きたくないものだ。



しかし最近のリユニオンについてはまったく興味ありません。

■ トラックバック

http://hookert.blog57.fc2.com/tb.php/148-ee47afc5

 | HOME | 

■ プロフィール

泰山 / TAIZAN

Author:泰山 / TAIZAN
I'm a man.
I'm just an average guy.

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 最新トラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

■ RSSリンクの表示

■ RSSリンクの表示

■ 検索フォーム

■ RSSリンクの表示

■ ブロとも申請フォーム

■ QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。