硬派の宿命・野望篇

  • 04 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンサー・ソング

寺尾聰「Re-Cool 二季物語」

特筆されるべきは、この曲の二面的(シンメトリー)な構成...まず現在(冬)、そして過去(夏)という時系列が逆さになる展開。さらに季節と歌詞の語り部の心境が見事に曲調(前半しっとり、後半躍動的)に反映されるという点。

今では死別してしまった女と、昨年の夏に出逢った時の希望に満ちた男の気持ちを描写した状態で曲が終わってゆくという虚しさ...(聴き手は男の来るべき不幸をすでに知っているというのに)。

互いに呼応する「現在」と「過去」。1曲の中で二つの要素が「アンサー」し合っている。こうした重層的な心模様が、短い曲でありながらも一遍の小説や映画にも匹敵するであろう深味と余韻のある世界観を構築しているのである。

例えば、これに近い表現としては、タランティーノの『パルプ・フィクション』や、船戸与一の『メビウスの時の刻』辺りを個人的には想起してしまうが...如何だろうか。



中学生でこんな歌詞の世界に耽溺してたら、そりゃ脱線もしますわな。
数年前に『Re-Cool Reflections』が世に出た時はあまりの嬉しさで小便ちびりそうになった。兎に角、それぐらい好きなのだ。

 | HOME | 

■ プロフィール

泰山 / TAIZAN

Author:泰山 / TAIZAN
I'm a man.
I'm just an average guy.

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 最新トラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

■ RSSリンクの表示

■ RSSリンクの表示

■ 検索フォーム

■ RSSリンクの表示

■ ブロとも申請フォーム

■ QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。