硬派の宿命・野望篇

  • 05 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カズリン, ミッキー & タカピー

雨の金曜日。吉祥寺 ROCK JOINT GBにて。
まるで7~80年代の「ワールドプロレスリング」のテロップみたいな荒々しい手書き文字だな!(笑)

IMG_0416.jpg

15年程前、まだ20代だった藤井一彦(THE GROOVERS)、伊東ミキオ(当時・SAILIN' SHOES)、高木克(当時・SHADY DOLLS)の3人による暫定的なアコースティック・ユニットがあった。その名も「カズリン, ミッキー & タカピー」(命名・スマイリー原島先生)。

話せば長くなるので端折るが、当時下北沢の音楽事務所にデザイナーとしてで出入りしていた縁で、不定期に行われる彼らのステージを頻繁に目撃していた。
直接の知り合いになる以前から私が彼らそれぞれのバンドのファンであり、また自分も含め皆が同世代という付き合い易さもあって、打ち上げにもよく顔を出させて貰い音楽談義(ほかにも色々あるが)に花を咲かせたり。皆が私の個展を観に来てくれたりもした。で、厚かましくも「このユニットでCD出すのなら俺にジャケ描かせてくれ!」なんて話にまで発展したり...まさに私の青春ど真ん中。

IMG_0439.jpg

その後、彼らはそれぞれのキャリアを重ね、この度、久々に三人で競演することとなった。万感の思いで会場へと向かう(ちょっと大袈裟・笑)。

この夜の構成は当時とは違い「高木 → 高木&ミキオ → ミキオ → ミキオ&一彦 → 一彦」という流れ。それぞれのソロパートがあって、休憩を挟まずその間をセッションで繋いでバトンタッチしていくという形。そして最後に三人揃い踏みで「カズリン, ミッキー & タカピー」と相成る。

各ソロパートはやはりこの15年間の各々が経て来た音楽人生や実生活(この辺詳しいことは知りませんが)がパフォーマンスに反映されているというか、各人のパーソナリティが確立され最早風格が出てきている...年齢的に当然と言えば当然なのだが、彼らはあまりに若々しくイメージが15年前と変わってないから何とも不思議な感覚だ。

そこで三人での演奏に、あの石橋凌氏が飛び入りするというサプライズ。現在、一彦&ミキオを従えてソロアルバムを制作されているそうで、この日もその関係で当日にミキオから出演願いがあったという話を面白おかしくMCした後「MoJo Workin'」と「Route 66」を熱唱する。まるでマディのようなゴッドファーザー的迫力と貫禄に圧倒された。「カズリン, ミッキー & タカピー」も偉大なる先輩のバックに徹し、少年時代に戻ったかのようにロックンロールをラフに無邪気に楽しそうにプレイする。

思えばこの三人のパートって、15年前に一緒にやってた頃のレパートリー(オールドR&Rの日本語カヴァー)ばかりだった。要は当時演っていた曲をそのままプレイしたのだろうが、20代の頃からこんなに渋いルーツ嗜好だったのだなと関心した。逆に年齢の方がようやく楽曲に一致してきたというか。
これは各人が1ミュージシャンとして、決して「若さの瞬発力」だけでなく、自分の表現を構築する意外にも1リスナーとして新旧さまざまな音楽を吸収・咀嚼し血肉化してきた賜物だろうと思う。音楽人としての訓練や冒険を日々怠らなかったこそ彼らは現在も第一線で活躍出来ているに違いないと確信している(だからこそ石橋凌氏ほどの大物が飛び入りをOKしてしまうのだろう)。元々、図抜けた才能が備わっているというのは当然の話として(それでも駄目になる奴はいくらでも居る)。

上下左右世代など関係なくセッション出来たり、バンドを離れて一人で表現出来る行動力とポテンシャルとコネクションを持ったアーティストはやはり強いな、と痛感した次第。だから彼らは還暦過ぎても余裕でステージに立ち続けていると私は断言出来る。無論、私も客席で「競演」し続けていたい。

-----

伊東ミキオ氏のブログ「mikio.net Blog」にこの日の模様がが掲載されています。

THE GROOVERS(藤井一彦)
伊東ミキオ
ソウル・フラワー・ユニオン(高木克)

石橋凌 OFFICIAL WEB SITE

■ トラックバック

http://hookert.blog57.fc2.com/tb.php/216-99591696

 | HOME | 

■ プロフィール

泰山 / TAIZAN

Author:泰山 / TAIZAN
I'm a man.
I'm just an average guy.

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 最新トラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

■ RSSリンクの表示

■ RSSリンクの表示

■ 検索フォーム

■ RSSリンクの表示

■ ブロとも申請フォーム

■ QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。