硬派の宿命・野望篇

  • 09 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

THE GROOVERS #3

右耳の聴覚もほぼ回復し、ようやくステレオ状態を受け入れられるようになった両の耳で手に入れたばかりの『Top Of The Parade』を聴いた。

1993年。当時は80年代末からの「バンドブーム」という極めて初期衝動(うわー、タイプするのもおぞましい「言い訳言葉」だな!)のみに頼った稚拙でイージーな音楽が世に蔓延る状態が一段落し、真逆の方向からはエイベックスやビーイングといった巨大資本をバックにした職能集団の手による軽薄短小な売れ線音楽・所謂「J-POP」が世を席巻し始めた頃だった。

THE GROOVERSはそんな直中に、先人たちから受け継いだ音楽的マナーや剥き身の言葉といった硬質な部分と同時に、良質なポップさを自覚的に携えて荒涼たる大海へと漕ぎ出していた。そして何より素晴らしかったのは、彼らは何者にも似ていなかったということだ。

「本物」はどんな状況だろうと周囲に振り回されることなく鋼鉄の意思で自身を貫くべきだし、貫かなければならない。果たしてお前は「本物」なのか?

私は『Top Of The Parade』を通じて、彼らは「お前はどうなんだ?」という鋭い切っ先をリスナーの喉元に突き付けているとのだと、一聴して確信した。まさに「俺を試してる」だ。

当時の私は彼らのように「行列の先頭」に立つどころか、行列のドンケツにくっ付いて行くことすら叶わないほどに精神的・肉体的に追い込まれ弱り果てた状況だった。
それまではひたすら自分の立ち位置を、組織の中に身を置いてこそ初めて成立するものだということに拘泥していた。整備された環境に身を置いて初めて自身の能力がようやく発揮されるというメカニズムに対し何の疑問も抱いていなかったのだ。
それが逆に、自分に対しての重圧になっていた。周囲に溶け込めない自分。組織の一部分になり切れない自分を、自らが叱責していたのだ。

だが、彼らの新しい音楽に触れて、すべてが吹っ切れたような気がした。俺は俺の行列を作り上げればいい。たとえ其処に自分一人しか居なくても、それは「行列の先頭」に立っていることには変わりはない。そしてそのまま行進を続けていれば、誰かが後続してくるかも知れないではないか。心の通じ合った仲間が出来るかも知れないではないか。

取り敢えず私は自分一人で出来ることから始めようと思った。そして数年感描いてなかった「自分の作品」を描こうと決意した。所有していた絵の具はすべてチューブの中でカチカチに乾涸びて使えなくなっていたので、全部ゴミ箱に捨ててしまった。明日は電車に乗って街に出て、新しい絵の具を手に入れよう。まずはそこからだ。



『Top Of The Parade』に収められた曲の数々はは、90年代に於ける私の生き方の指針となる示唆に溢れていたことは間違いない。

「HARMLESS MADMAN」だった自分は、バブル崩壊後のこの時代に「世界中が静まる頃 沈黙に飽きるんだ」とばかりに心の中に「鉄の旗」を掲げ「世界中が傾いたら まっすぐに立ちあがる」ことが出来た。うまくいかないことがあれば、深く考え過ぎずに「明日にしよう」ぜ。どうせすべては「錯覚」だ。「永遠」に「このゲームは終わらない」のだから、悠々と「メロディ」を口ずさみながら「この世の風穴」を見つけよう。其処が常に俺の「現在地」...

それから数年後、私はある場所で藤井一彦と知り合うことになるのだが、この話はまた別の機会ということで(と、講談っぽい終わり方で今回は締めます)。

(この項終わり)


Top Of The ParadeTop Of The Parade
(2007/07/25)
THE GROOVERS

商品詳細を見る


■ トラックバック

http://hookert.blog57.fc2.com/tb.php/221-18896f29

 | HOME | 

■ プロフィール

泰山 / TAIZAN

Author:泰山 / TAIZAN
I'm a man.
I'm just an average guy.

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 最新トラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

■ RSSリンクの表示

■ RSSリンクの表示

■ 検索フォーム

■ RSSリンクの表示

■ ブロとも申請フォーム

■ QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。