硬派の宿命・野望篇

  • 11 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

親殺し(高田延彦の場合)

ちょっと前にNHK教育TVで高田延彦が国内各地の名物うどん屋を訪ね、現地でうどん打ちを教わり「最高の一杯」を自らの手でを作り上げ過程を見せる番組を数週に渡って放映していた。

チャレンジ!ホビー うまいうどんを打つ!高田延彦うどん修業の旅<新><全8回>

この番組での高田は、さすがプロレス・格闘技の世界で一時代を築いたアスリートとしての集中力や忍耐力でもって現地のうどん屋の師匠からの指導を限られた時間で精一杯にこなしてゆく。その真摯な姿を見るにつけ、格闘競技者として退いた「その後」が彼に取って如何に充実しているかが垣間見れた。何より賛否両論だったハッスル時代の「高田総統」のキャラを見事に演じ切ったことにより、タレントとしての魅力も増していて実に好感の持てる番組だった。

自ら打ったうどんに舌鼓を打つ時に、天然だか計算だか判断できないようなボケをカマす高田の楽し気な表情は、まるで定年退職後に息子(弟子)たちに家督を譲ったご隠居の如き穏やかさが漂っていた。

そんな境地に至るまで、果たして彼がどれだけ世の有象無象に翻弄された挙げ句に苦悩しながら自らの身体を痛めつけてきたか、それは彼を長年目撃し続けて来た者たちにしか理解出来ないことかも知れない。
しかし、そんな経緯など知る由もない一般視聴者に向けて、現在バラエティ番組に頻繁に顔を出す大柄な元格闘家の朴訥なおじさんタレントにもこんなハードな過去があったんだよ、という事実を伝えるのも私たちの役目だろう。

競技者としてはとっくに峠を越した年齢(35歳)から新たなジャンルに立ち向かい、自ら捨て石となって息子たちに道を譲り、挙げ句は「長男」に引退試合での介錯(親殺し)を指名した男の潔さ。
それまでのプロレス・格闘技界で、ここまで誠実に、そして無様に、明確に世代交代と自らの散り際を我々ファンに鮮烈に見せつけた者は居なかったと私は断言出来る。

-----

以下の動画はすべて対田村潔司戦(両者の遺恨の経緯は「煽りV」を参照の事)。

93年/Uインター



02年/PRIDE.23(引退試合・煽りV)



02年/PRIDE.23(引退試合)




うまいうどんを打つ!―高田延彦うどん修行の旅 (趣味工房シリーズ NHKチャレンジ!ホビー)うまいうどんを打つ!―高田延彦うどん修行の旅 (趣味工房シリーズ NHKチャレンジ!ホビー)
(2010/05)
不明

商品詳細を見る


 | HOME | 

■ プロフィール

Author:泰山 / TAIZAN
I'm a man.
I'm just an average guy.

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 最新トラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

■ RSSリンクの表示

■ RSSリンクの表示

■ 検索フォーム

■ RSSリンクの表示

■ ブロとも申請フォーム

■ QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。