硬派の宿命・野望篇

  • 03 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

独りではなく

長い一日だった。

翌日から臨月となる家人と共に、何時ものように水曜日の午前中から掛かり付けの病院へ行った。ちょっと前までは隔週だった定期検診も、今では毎週通っている。
毎回家人が先に病室に入り、待ち合いのソファーに座っている間に看護士の方から呼ばれて担当の先生の説明を受けながら一緒にエコーを見るというのが恒例である。

この日もいつもと同じく遅れて病室内に入ると、家人の表情が硬直している。先生も看護士の方も神妙な顔付きになっている。実は以前にもこういう雰囲気の時が何度かあったので(それらはすべてクリアしてきたが)おそらく何らかの異常が発見されたのではないかというムードはなんとなく推測出来た。

細かいことは書かないが、現時点での母体と胎児に厄介な事態が起こっている可能性があると先生から事情を説明された。「今すぐ入院させなさい」と。家人の腹を見るとぱんぱんに膨れあがっている。所謂「腹が張る」という状態だ。
私は気が動転したが、平静を装った。何故ならば、家人のショックは私どころではないということが容易に予想出来たからだ。

そのまま家人は車椅子に乗せられ、年配の女性の看護士さんに引率されて産婦人科の入院病棟へ。無論私も同行する。数週間前に病院が開催した育児に関する集会に参加した折りに、すでに病棟内を見学していたので少しは精神的な余裕があった。

私は当人の代理で入院手続きを済ませ、病室の家人に必要な物を聞き、そのまま一旦自宅へと戻り、着替えやら生活必需品を鞄に詰め込んだ。実家と家人の実家にも連絡した。なるべく皆の不安をかき立てないように刺激的な言葉を使わないよう注意して家人の現状を説明する。しかし杞憂だった。さすが年長者たちは肝が据わっていて、皆が非常事態を冷静に受け止めてくれた。一番舞い上がっていたのは実は私だったのかも知れない。

病院へ戻ると、ベッドに横たわり左腕に点滴を射たれた痛々しい家人の姿があった。私が不在の間に再検査を受けたが、今度は異常が見られなかったとのこと。それを聞いて少し安心した。

先生が病室にまで来られ、今後のことについて話して下さった。「あと一週間は様子を見たい」と。そうすれば正常な出産の目安となる時期に到達するという。

「正月は初詣に行って安産祈願しよう」と家人と話していたが、それどころではなくなった。両親を我が家に呼んで四人で食事する予定も吹っ飛んだ。この年末年始をたった一人で不安を抱えながら病室で過ごさなければならない家人の気持を思うと胸が張り裂けそうになった。

この日は結婚以来初めて独りで自宅で一夜を過ごした。頭の中は家人と胎内の子供が直面している危機に対する不安でいっぱいだった。「憔悴する」とはこういう状態のことを指すのかと、客観的に思っていた。
こういう時、男親は本当に無力である。自分の不甲斐なさにウンザリした。身体はくたくたに疲れているのに神経ばかりがピリピリとして朝方まで眠れなかった。

仕方がないのでネットで今回の状況に関する前例を調査した。すると同じ様な、或はもっと過酷な思いをした親御さんや子供たちが大勢居ることを知る。これまでが特に大きな問題もなく順調過ぎただけなのだ。

俺が動揺してちゃいけないな、二人を守ってやらなくては、という思いを改めて深めた。これもネットの恩恵である。


本日は午後から病院へ赴いた。結局3時間程しか眠れなかったが、今は自分の身体のことなど後回しだ。
病室に入ると、幾分和らいだ表情の家人の顔を見て安堵した。その後の検査でも特に前日のような異常は見られなかったという。

午前中に家人の実家から届いた、彼女が赤ん坊~幼少の頃に着ていた服の詰め合わせの中から一着選んで持参した毛糸で編んだフード付きのコートを彼女に渡すと「これ、なめちゃん(我が子の胎内名)が生まれたら着せよう」と言って無邪気に喜んでいた。

明日(大晦日)の病院食は、どうやら年越し蕎麦が出るらしい。
大好物が食べられてよかったな。

 | HOME | 

■ プロフィール

泰山 / TAIZAN

Author:泰山 / TAIZAN
I'm a man.
I'm just an average guy.

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 最新トラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

■ RSSリンクの表示

■ RSSリンクの表示

■ 検索フォーム

■ RSSリンクの表示

■ ブロとも申請フォーム

■ QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。