硬派の宿命・野望篇

  • 03 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

守るということ

以前、知り合いがバンドマンと結婚した際に、相手の男が自分の友人たちに二人の結婚を報告していないという話を彼女から伝え聞いた。
喜ばしいことなので、私は彼の行動がまったく理解出来なかった。

そこで当人に直接訊ねてみたところ、

「みんなから『守りに入った』って、思われたくないんスよ」

と私に答えた。

30過ぎてつまらんことに拘る男だな…。

その瞬間から、私はその男をまともに相手にしないことに決めた。
その空気を察してか、向こうからも私に視線を合わせて来ることは以降皆無だった。その男からは才気も感じられなかったし、一人の男としての魅力も感じなかったし、別段話すべき事柄もなかった。

数年後、二人は離別することになるが、正直、驚きはしなかった。原因は男と女によくある、実に在り来たりな理由だった。

私の人生に於い二度と関わることのないであろうその男へ、最後の一言を贈る。

あのなぁ、「守る」ってことはな、お前が思っているほどヤワな行為じゃねぇんだよ。

R0010508.jpg

 | HOME | 

■ プロフィール

泰山 / TAIZAN

Author:泰山 / TAIZAN
I'm a man.
I'm just an average guy.

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 最新トラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

■ RSSリンクの表示

■ RSSリンクの表示

■ 検索フォーム

■ RSSリンクの表示

■ ブロとも申請フォーム

■ QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。