硬派の宿命・野望篇

  • 03 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

梱包

滞在三日目。

梱包。ひたすら梱包。
最適な形状にカットしたダンボールをガムテープで繋ぎ合わせながら、大学時代にダンボールで椅子を作るという課題や、職場で書類を梱包・発送していた作業がフラッシュバックする。

昼過ぎに両親と会う。
今日は父方の祖母の墓参りだったのだが、多忙を理由に欠席。
ばあさん、済みません。来年はきっと行きます。

先の娘の宮参りの時に神社で撮影した写真を渡す。親父は最近、娘の写真を見ると顔が蕩けてしまうという面白い動物と化したようだ。

一旦自宅に戻り、梱包作業の続き。
夜は友人の「リアル・ハカイダー」氏と会食...といっても場末のファミレスでだが。
ネット情報などに頼らない、足と目とリアルな調査網を駆使して自分の頭で考える真っ当な男とサシで会話することによって、阿呆のような現実や、様々な場に於いて有象無象の吐き出す無責任な雑言に辟易していた心が洗われたような気分になる。
Iさん、次回帰省時にもまた会いましょう。

帰宅後、再び梱包作業。明日の昼までには終わらせなければ。

 | HOME | 

■ プロフィール

泰山 / TAIZAN

Author:泰山 / TAIZAN
I'm a man.
I'm just an average guy.

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 最新トラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

■ RSSリンクの表示

■ RSSリンクの表示

■ 検索フォーム

■ RSSリンクの表示

■ ブロとも申請フォーム

■ QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。