硬派の宿命・野望篇

  • 07 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『華の乱』から得るもの

先日、或るお友達とのメール書簡で有島武郎の『小さき者へ』の話題が出た。

当方、恥ずかしながら本作はこれまで未読であった為、早速「青空文庫」にて電子書籍を入手。年代的に著作権がすでに失効した作品なので無料であった。布団に入りiPadのディスプレイに目を走らせる。

有島が、自身と亡き妻の思いを、残された三人の子供たちへ切々と伝える私信のような短編(エッセイと言って良いのだろうか)。今の私にとっては、有島の親としての深い情愛をとても身近に感じ取ることが出来、じんわりとその内容が心に染み込んできた。

その後、また別の友人との電話での会話で『小さき者へ』を読んだという話をした。映画に詳しい彼は私にこう言った。

「有島武郎ですか。今のこのタイミングならば『華の乱』をご覧になるのもいいのでは?」

実は『華の乱』は公開当初(88年)、あまり良いイメージがなかった。
その理由は有島役の松田優作に違和感があったからだ。

これは何も、有島と優作とではあまりにイメージがかけ離れている...なんて高レベルな次元の話ではなく、単に餓鬼の頃から馴染んでいたアクションスターとしての「我らが兄貴」である優作が『陽炎座』以降にシフトした文芸路線にあまり良い印象を持っていなかった...という極めて身勝手で幼稚な無い物ねだりからの反発でもあった。

故に、優作が亡くなった直後に衛星放送で追悼という形で放映された時を最後に、本作を改めて観てみようという気がまったく起こらなかった。それからおよそ20年。

本作のおおまかな流れとして、主人公である吉永小百合演ずる与謝野晶子と、緒形拳演ずる夫・寛(鉄幹)を中心に、明治・大正期を華麗に生きた作家や文化人たちの愛憎とその末路を群像劇として描いている。

中でも重要な役所は、晶子に亡き妻の面影を重ね合わせ淡い恋心を寄せる有島武郎。何不自由の無い家柄に生まれながらも、自身の経営する農場で働く貧しい農民たちに共感するものの、しかし実際問題として自分は社会構造的に何も解決することが出来ないというアンビバレンツな苛立を背負い込んで悶々としている悩めるヤモメ文人を、当時30代後半の優作が白髪混じりの老け役(それでも『アラビアのロレンス』ばりにバイクを操ってアクションシーンを魅せるところなんて深作欣二監督の出血大サービス?)で演じている。

常に生と死の境界線上で揺れ動いている有島だが、晶子との出会いでその気持が「生」に傾くことになる。有島にとって晶子は希望だった。同時に、有島に惹かれる晶子。しかし彼が最終的に選んだ道は息子たちを残して愛人と心中自殺を遂げることであった。

今改めて観ると、優作は晩年にこんな境地に辿り着いていたのかと、ようやくオールドファンとしてそのことを受け入れられる自分に気付く(それでも成田三樹夫との絡みはつい工藤ちゃんと服部さんの絡みを思い出してしまったが...これは仕方ない)。そして思いの丈を込めて子供たちに『小さき者へ』を書き下ろした父親としての有島の、極めて作家的な末路に「男」という生き物の宿業を見た気になった。

人間、親になったぐらいでそう根本的に変わるようなモンじゃないのよね...ということだ。しかし、だからこそ自分にとって『小さき者へ』の言葉のひとつひとつが余計に胸に突き刺さる。これは間違いなくリアルな一人の小さき人間の肉声だ、という意味で。

ラスト、与謝野一家を関東大震災が襲う。家々は倒壊し、街のあちらこちらからは業火が立ち上る。辺り一面死体の山。10数人の子供たちと書生と共に瓦礫の山を前に立ち尽くす与謝野夫妻。行き交う人々は口々に根拠なきデマを吹聴し続ける。

そこへ、憲兵に連行された社会主義者の二人の男が通過してゆく。殺害された大杉栄を通じて彼らと顔見知りだった晶子は馬に引かれている二人に駆け寄り握り飯を手渡し「生きていて下さい!生きて!」と懇願する。

その姿を眼前にし、総選挙で落選した後、作家としても長らくスランプで放埒な日々を過ごしていた寛が、晶子を抱きしめながら呟く。そう、まるで『虹の谷の五月』で、物語の大半に於いて酒浸りだったラモン・スムロンが、最後の最後に目醒めたように。

「船が沈んでも、国が滅んでも、私たちは生き続けなければね」

そして子供たちを先導しながら高らかに宣言する。

「さあ、家を立て直すぞ!みんな手伝え!」



華の乱 [DVD]華の乱 [DVD]
(2008/11/01)
吉永小百合

商品詳細を見る



小さき者へ・生れ出ずる悩み (岩波文庫)小さき者へ・生れ出ずる悩み (岩波文庫)
(2004/08/19)
有島 武郎

商品詳細を見る


 | HOME | 

■ プロフィール

泰山 / TAIZAN

Author:泰山 / TAIZAN
I'm a man.
I'm just an average guy.

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 最新トラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

■ RSSリンクの表示

■ RSSリンクの表示

■ 検索フォーム

■ RSSリンクの表示

■ ブロとも申請フォーム

■ QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。