硬派の宿命・野望篇

  • 10 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

各々の生活の中で

こちらに生活を移してからすでに1ヶ月が過ぎた。
南国宮崎は春を通り越して、もう初夏のような気候になっている。

娘の体格は一回り大きくなり、表情も豊かになり、これまで泣き声以外に発するのは単発的な嬌声だったのだが、それが長いセンテンスを持った言葉のように聞こえるようになってきた。

ちょっと前に東京の両親が娘の生誕百日の「お食い初め」に合わせて一泊でこちらへやって来た。初節句の祝い以来1ヶ月以上振りに成長した孫の顔が見られてさぞ嬉しかったことだろう。もし地震がなければ、会いたい時にいつでも会うことが出来ていた筈なのだが、この点は気の毒でもある。

それにしても戦中派の両親は強い。毎日のように余震で揺れ続けている都内の実家での生活や原発事故の放射能漏れに対する恐怖を間違いなく感じているだろうが、私たちの前では決してその件は口に出さない。むしろこちらが心配して水を向けると、「俺たちは大丈夫だから、とにかくお前はコイツを良い環境で育てることに専念しろ」とだけ言う。

この世代の人たちの特徴として、戦中戦後の混迷期に於ける精神的重圧や物資不足の反動からの快楽追求への旺盛さには呆れ果てるほど軌道を逸したものがあるけれど、逆に死をも恐れぬ居直りと虚無感を常に傍らに横たえていることも事実だ。決して多くは語らないが、子供の頃にすでに一度は死を覚悟していた者はやはり肝の据わり方が違う。これは少年時代から「この人たちには絶対に敵わない」と、親に対してずっと感じていた畏怖心でもある。

二人が、今回東北で被災した親戚たちの安否について積極的に状況を知りたがっていた私に対し、常にドライであっ気らかんとした対応を貫き続けたのも、そんな彼らの資質に基づいたものだろう。
こういう態度を冷酷と思う人も居るだろうが、私は仕方がないことだと思っている。人の死生観、ましてや老い先短い者たちのそれに、余人がとやかく言える筋合いなどないのだから。

R0011193.jpg

およそ20年振りにレギュラーのLevi's 501を買った。
並行輸入物を通販で注文したのだが、現在は米国産の501は生産終了とのことで、タグを見たらハイチ産だった。しかしこれが正統な「レギュラー」の501である。新品で5000円。安い。

90年代初頭頃から関西の小さなメーカーが細々と研究を重ね製造・販売を始めた古き良き時代のデニムを再現した所謂「レプリカジーンズ」がポピュラーになってからというもの、それまで古着屋で血眼になって探していた数万、数十万もする高価で希少なヴィンテージを買わずとも、2万円ほどで良い風合いになる高品質なジーンズが新品状態で手軽に入手出来るようになった。
私もここ10数年はその手の贅沢品を買って履いていたのだが、最近はそんな「気負い」が面倒になってきた。

そこで原点に帰って、高校生の時に親から小遣いを貰って池袋のデパートで初めて買ったLevi's...501だったか505だったかは忘れたが、どこででも簡単に手に入るごくスタンダードなジーンズを履き潰していきたい、余計な付加価値など最早必要がない、と思えてきた。

糊付けされてパリパリになった板のようなリジッド(未洗い)のデニムを裏返して洗濯機に放り込む。ピーカンの陽光の下、娘のオムツや衣類と一緒に物干で乾かすと、生地がギュッと縮んで自分の身体にピッタリのサイズになる。これが501の特長である伝統の「シュリンク・トゥ・フィット」だ。

これから新しい生活を続けていく上で、この501を日々履いていこうと思っている。毎日の生活の轍が、段々とこのジーンズに刻み込まれていくことだろう。

 | HOME | 

■ プロフィール

泰山 / TAIZAN

Author:泰山 / TAIZAN
I'm a man.
I'm just an average guy.

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 最新トラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

■ RSSリンクの表示

■ RSSリンクの表示

■ 検索フォーム

■ RSSリンクの表示

■ ブロとも申請フォーム

■ QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。