硬派の宿命・野望篇

  • 04 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

brown & white

以前こちらで書いた、一度はあまりの出来の悪さに靴箱へ放っておいたけれど最前線に復帰したDr.マーチン製白黒コンビのウイングチップを、その後気に入って履いていたはいいが、1日履き続けていると靴ズレで小指とカカトが痛くなるため閉口していた。
トウがかなり先細りで尖っているデザイン故か、はたまた基本的構造の悪さか、とにかく履いていると足の具合が悪くなる。しまいには歩行中に変な力を入れているのか、膝や腰にまで影響が出てきてしまった。おいおい、足の健康にいいというのがエアクッションソールのウリじゃなかったのか?

ということで、梅雨時の雨靴にでもと考えていたが、その前にリタイヤというか見切りをつけてしまった。所詮は安靴である(敢えて私の足のフォルムのせいにはしない)。

しかし出来の悪い子でも、その存在の喪失感は大きかった。
やはり今年はどうしても「コンビのウイングチップを履きたいのだ」という気運が例年になく高まっているのである。今履かなくてどうする? こういう我慢は禁物だ。心の健康によくない。

仕方がないので(?)先日家人が銀座で三味線の発表会に参加した折り、会場に荷物を届けて一旦の任務を終了した「付き人」はリハーサル時にわずかな自由行動の時間を頂き、某老舗デパートの紳士服売り場へと駆け込んだのであった。

実は以前から目を付けていた一品なのだが、某有名国産ブランドの普及品で、この手のデザインにしては比較的低価格、ソールもレザーでしっかりした作り。時流に合わせて若干ノーズが長めなのはご愛嬌ということで(だが、その方が着崩した格好に併せて普段履きするには堅苦しさがなくていいとは思う)試着してみたら履き心地も抜群(というか、前のが悪過ぎ)。

店頭には白×黒と、白×茶の在庫があったが、よりトッポさが漂う白×茶に惹かれた。やはり白×黒だと前時代的ダンディさが強調され過ぎて少々厭味かな、と。

L1010276.jpg

暫し悩んだ末に白×茶に決めた。この決断は我ながら正しかったと思う。
三味線発表会終了後に有楽町のビアホールで打ち上げを兼ねた食事をした際、あまりの嬉しさに同席した両親にまで箱から出して見せびらかしてしまう始末。
「あらま~、随分キザねえ、あなた」と、昭和30年代にこの界隈を大手を振って闊歩してたという元BGのお袋さんに揶揄された。何を言うか。私がこんな嗜好になったのは貴女の影響大なのだから。

数日後の天気のよい日の外出時に早速下ろしてみた。
半日歩き続けてもまったく疲れないどころか快適である。さすがレザーソール。
実はここ数年、革靴はレザーソールばかり収集している。履き込むと足の裏との一体感が心地よく、どんどん自分の足の形にフィットしていくのが魅力だ。

しかし雨の日の着用は革に水が滲みてしまうので禁物...お陰で目下、梅雨時用の対策へと意識は移行しているという堂々巡りっぷり。この調子で下駄箱&玄関が靴だらけになってしまうわけだな...。
まあ、決して今に始まった傾向ではないので、こればかりは生涯の宿痾として諦めるしかないだろう。

■ トラックバック

http://hookert.blog57.fc2.com/tb.php/35-ffeac877

 | HOME | 

■ プロフィール

泰山 / TAIZAN

Author:泰山 / TAIZAN
I'm a man.
I'm just an average guy.

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 最新トラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

■ RSSリンクの表示

■ RSSリンクの表示

■ 検索フォーム

■ RSSリンクの表示

■ ブロとも申請フォーム

■ QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。