硬派の宿命・野望篇

  • 09 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

知行合一

以前、当ブログでコメントを受け付けていた頃によく投稿して下さっていたlunaleclipse氏が、この度ブログを立ち上げられました。

「rascal2009の日記」

lunaleclipse氏とは旧ブログ "泰山堂通信『硬派の宿命』" 上にて、まず「UWF」、そして豊浦志朗時代の船戸与一が定義した「硬派」という二つのキーワードで繋がったのがそもそもの始まりで、そこからハードボイルド論やプロレス・格闘技などの話題へと発展していきました。

現在、氏とは直接の面識はまったくありませんが、情熱と理性が常にバランスよく保たれているその熱き文章を拝見し、コメント欄でのやり取りを続けて、「100%御自身の手によって支配された世界を読んでみたい」と思っていた矢先に、今回のブログ開設のご報告を頂いた次第です。

僭越ながら、改めてこの場にてエールをお送りするつもりで、lunaleclipse氏の文章を「rascal2009の日記」から引用させて貰います。

-----

夢枕獏は書いた。「やればできるということと、実際にやったということはまったく違うことだ」

知行合一という言葉がある。実際に行うことができて、それで初めて本当に知ったと言える、ということだ。

目的はある。理由もある。しかしそれに寄りかかってはいない。依存していない。純粋な行動。目的や理由のための行動であると同時に、行動のための目的であり理由である。

2009-07-12「私的・船戸与一論 その四」より抜粋)


-----

他人の軒先に第三者として押し掛けるのではなく、また、閉鎖的なSNS空間で内弁慶になるのでもなく、敢えて「自分の城」から遠くへ発信すること決意された氏のブログの今後の展開を期待しております。

■ トラックバック

http://hookert.blog57.fc2.com/tb.php/81-b72239ae

 | HOME | 

■ プロフィール

泰山 / TAIZAN

Author:泰山 / TAIZAN
I'm a man.
I'm just an average guy.

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 最新トラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

■ RSSリンクの表示

■ RSSリンクの表示

■ 検索フォーム

■ RSSリンクの表示

■ ブロとも申請フォーム

■ QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。