硬派の宿命・野望篇

  • 09 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナイーヴの奴隷

こと「ナイーヴさ」という概念は、その年齢によって実態や受け取られ方が違っている。これらは一見同じようだがまったく性質の異なるものだ。

若者にとっての「ナイーヴさ」とは潔く、時に美しく、場合によっては女性の容姿と同様に「青春」という名の残酷な武器にすらなる。

30代半ばを過ぎてからの「ナイーヴさ」は、専ら自身の「弱さ」「拙さ」「脆さ」の自己弁護や詭弁に使い回されるのが殆どだ。
これらは「永遠の少年」や「アンチ・エイジング」といった"追い風"になるような甘美な言葉を用いて、状況、他者、そして自身を誤摩化しているのが常である。

実はオッサンたちが自己演出する「ナイーヴさ」ほど、そのイメージからはほど遠い厚顔無恥な「居直り」行為はない。

■ トラックバック

http://hookert.blog57.fc2.com/tb.php/93-a75a54f0

 | HOME | 

■ プロフィール

泰山 / TAIZAN

Author:泰山 / TAIZAN
I'm a man.
I'm just an average guy.

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 最新トラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

■ RSSリンクの表示

■ RSSリンクの表示

■ 検索フォーム

■ RSSリンクの表示

■ ブロとも申請フォーム

■ QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。