硬派の宿命・野望篇

  • 09 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャック・モンジャン

キース・リチャーズがプライベートで愛用しているフォールディングナイフ「ジャック・モンジャン」。あのエルメスにも納品しているというフランス製の優美なハンドメイドナイフである。

私も彼のものとまったく同じ仕様(柄が水牛の角で出来ている"ヤタガン"というモデル)&同サイズのタイプ(ナイフを持っている写真や映像を凝視して該当する大きさをカタログから割り出した)を所有している(無論、「銃刀法」に抵触するので絶対に戸外へは持ち出さない)。

ぼさぼさの髪、白シャツにベスト、スリムジーンズにスウェードのブーツ、スカルリング等のファッション。かったるそうなしぐさやステージ上での派手なアクション。ジャック・ダニエルズとマルボロを欠かさない。ドラッグに手を出す。5弦オープンGチューニング。まったく同じギターを収集する...など、こうした分かり易い領域でキースからの影響を受けている御仁は世界中にゴマンと居ると思うが、おそらく彼が愛用しているナイフにまで注視している者は極めて少ないと思う。

そもそもネット上にも文献にも、これまでこの件に関して触れた資料を見た試しがないので、自力で調査する以外になかった。これには大藪春彦関連の資料で得た世界のナイフメーカーの知識が物を言った格好。どこでどんな情報が役に立つかわかったものじゃない。

下のPVで御大の華麗なるナイフさばきがちょこっと見れます。
(2:28~2:34辺り)




で、昨夜。何の気なしにキースの曲芸を真似て、ナイフの開閉リングに人差し指を突っ込んでぶるんぶるんと振り回していたら、その勢いで刃が親指の関節部分に直撃してざっくりと皮膚を切ってしまった。
購入時のままできっちり刃付けしていない(所謂"ペーパーナイフ"状態)にも関わらず、さすが刃物。使い方を誤ると実に危険な道具である。

L1010770.jpg

傷口からじわじわと滲み出す血液...先日の指先炎上に続く右手の災難。
これを自分の「芸」として身に付けるにはもっと修練を積まないとイカンな(おそらくキースもこれまで相当指を切ってると見た)。

皆さんはこんな莫迦なマネをするのは止めましょう。

■ トラックバック

http://hookert.blog57.fc2.com/tb.php/95-13ea2f9e

 | HOME | 

■ プロフィール

泰山 / TAIZAN

Author:泰山 / TAIZAN
I'm a man.
I'm just an average guy.

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 最新トラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

■ RSSリンクの表示

■ RSSリンクの表示

■ 検索フォーム

■ RSSリンクの表示

■ ブロとも申請フォーム

■ QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。