硬派の宿命・野望篇

  • 09 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

眼力(経験値とセンスの均衡性)

長年生きていると、次第に自分の嗜好がはっきりしてきて、身の回りに配置すべき最適な対象が段々と絞られてくる。

こうした状態を、単に年を取って保守的になったのだと受け取る向きがあるだろうが、少なくとも私の場合は違うと断言できる。すべては長い年月を経て磨いてきた(つもりの)選定眼によって振るいに掛けられた結果だからだ。そこには確実に能動性が機能している。

だが、思わぬ角度から飛び込んでくる極上な未知の対象もある。
こういうものを何時でも受け止め咀嚼できるような柔軟さと度量を持ったセンサーもまた一方では、常にぴかぴかに磨いておかなくてはならないだろう。

■ トラックバック

http://hookert.blog57.fc2.com/tb.php/98-4889074b

 | HOME | 

■ プロフィール

泰山 / TAIZAN

Author:泰山 / TAIZAN
I'm a man.
I'm just an average guy.

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 最新トラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

■ RSSリンクの表示

■ RSSリンクの表示

■ 検索フォーム

■ RSSリンクの表示

■ ブロとも申請フォーム

■ QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。